進化していく缶詰

この記事をシェアする

高級食材の缶詰の人気は?

缶詰の中にも、ちょっと高級な材料を使ったものがいくつかあります。
まずは、そんな高級缶詰の人気をみてみましょう。

フルーツの中でも高価である桃のシロップ漬けの缶詰は、やはり大人気です。
生だと少々扱いづらい桃ですが、缶詰なら楽に食べられますよね。
そのままはもちろん、お菓子の材料としても使えます。

ご年配の方には懐かしい牛肉の大和煮もロングセラーの商品。
大和煮とは、だし汁で煮付けた具材を甘辛く味付けしたもの。
このだし汁は醤油風味で、日本人なら食欲をそそられてしまう味付けです。

贈答用としてよく見かけるスープ缶。
手軽にホテルや有名店の味を楽しめるので、安定して人気を保っています。

缶詰の高級食材といえば、やはりホタテやカニのほぐし身ではないでしょうか。
定番中の定番で、もらったら嬉しいですよね。
缶詰なので、面倒な下処理はもちろんなし、すぐに楽しむことができます。

普段使う缶詰たち

スープやシチューなどの具材にもぴったりなコーン缶は、よく購入する方が多いのではないでしょうか。
コスパの良い缶詰で、様々な料理に使えます。

コーン缶と同様、トマトの水煮缶も有名ですね。
スープや煮込み料理に使える便利な缶詰です。

レトルト食品として定番のカレーは、最近では大きな具材の入った缶詰のものも人気です。
一人分または一食分食べたいというときは、缶詰がぴったりです。

缶詰といえばサバ缶、という方も多いほど人気のサバの水煮缶。
味噌煮やオイル漬けも大人気です。
そのままおつまみにしてもよし、大根おろしを添えておかずにしてもよし。
骨が柔らかくなっているので、気になる方でも食べられます。

王道はやはりツナ缶です。
人気ランキングを見ても堂々の1位に輝くツナ缶は、サラダやパスタ、おにぎりの具まで、一缶で何役もこなせる優秀な缶詰です。